家政婦は見た!銀行員も見た!-中小企業の台所事情-

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営と会計は違う?④

4月は100万円の損失で、5月は150万円の利益が発生したことになります。

この考え方が正しいとするならば、4月に損失が生じてしまったのは何がいけなかったのでしょうか。
答えは商品を仕入れたからです。

それでは5月に150万円の利益がでたのは、何が良かったのでしょうか。

これは商品を販売したからですね。このことは、もし商売を成功させたいなら商品を仕入れるのを中止して、販売だけに意識を集中しなければならないと言っているように聞こえます。でも、そんなバカげたことにはなりませんね。

今まで、私たちが確認していることはキャッシュフローのことで、利益のことではありません。

4月に何も受け取らずに100万円の現金を支払ったことは事実です。また、5月は何も支払わずに150万円現金を受け取ったのも事実です。


つづく



士學舎 ―実学簿記学校―
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-20 モナーク川越602号
049-256-7610 049-256-7610
sato@shigakusya.com

http://shigakusya.com/

経営と会計は違う?②

たしかに会計は、経営の結果を数字に変えて可視化したものであるから数字の計算、
いわゆるカネ勘定であることは、間違いありません。


しかし、会計の機能は過去の記録だけを記録するものではありません。
過去の会計情報をもとに、将来どう行動すべきかを指示してくれるのも会計です。

経営の一部が、会計ですから、売上を増やすことや、費用を減らすことが、
経営の話であれば、それは会計の話でもあります。もう一度、利益の計算式を思い出して下さい。


利益とは売上高から費用を差し引いたものでしたね。



でも、果たしてそうでしょうか?

つづく

士學舎 ―実学簿記学校―
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-20 モナーク川越602号
049-256-7610
sato@shigakusya.com

http://shigakusya.com/

テーマ : ☆経営のヒント☆    ジャンル : ビジネス

経営と会計は違う?①

こないだ、会計では、利益の計算を

収益 - 費用 = 利益

として、計算しました。

この、収益の重要性については、説明しました。
収益のもとは売上のことです。

売上を上げるのに、今ほど大変な時代はないことも説明しました。

友岡氏によれば、利益を出すためには、当然売上高を増やす、か、費用を減らすしかないけれど、この売上を増やす、や、費用を減らす、は会計の話ではないと言っています。売上を増やしたり、費用を減らしたりすることは、経営の話です。会計の話は何かといえば、売上や費用を計算することであり、それはカネ勘定であるとしています。そして、ここで、注意しなければならないのは、会計は単なるカネ勘定ということなのです。
『なぜ「会計」本が売れているのか?―「会計」本の正しい読み方』p47-48(友岡賛、税務経理協会)

会計は単なるカネ勘定であるという友岡氏のコメントはどう思いますか?

会計は単なるカネ勘定であって 、売上を増やしたり、費用を減らしたりする経営の話は区別しなければならないということです。


しかし、僕はここは少し違和感があります。(友岡先生ゴメンナサイ)


つづく

士學舎 ―実学簿記学校―
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-20 モナーク川越602号
049-256-7610
sato@shigakusya.com

http://shigakusya.com/




テーマ : ☆経営のヒント☆    ジャンル : ビジネス

なぜ、会計の授業はツマラナイか?①

ドイツの文豪ゲーテは言いました。
複式簿記は「「簿記は人間の精神が生んだ最高の発明である。」であると。

そうです、近代会計制度の礎である複式簿記は、「最高の発明」なのです。
複式簿記がなければ、「会計」は成り立たず、株式会社・資本主義の発達はなかったといえるでしょう。

複式簿記
  ↓
会  計
  ↓
株式会社
  ↓
近代資本主義

木村剛『会計戦略の発想法』(日本実業出版社 2003年)

近代資本主義の発達においてこれだけ重要視されていた複式簿記がなぜこれまで軽視されるようになったのでしょうか。


士學舎 ―実学簿記学校―
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-20 モナーク川越602号
049-256-7610
sato@shigakusya.com

http://shigakusya.com/

テーマ : ☆経営のヒント☆    ジャンル : ビジネス

「会計」の本について⑤

~友岡氏のコメント~
「沢山売れるということはもちろん、その本によって提供される情報に対するニーズが大きいということです。
簡単に言ってしまえば、その本に書いてあるということを知りたいと思っている人がたくさんいる、その本から得られる知識が役に立つ人がたくさんいる、ということです。」『なぜ「会計」本が売れているのか?―「会計」本の正しい読み方』p19(友岡賛、税務経理協会)

だから、学者の先生方が言われる、売れる本を書くと「あんな本を書いて」とか、「くだらない本を書いて」とかいうのははっきりいって、嫉妬や妬みの世界です。

僕が尊敬する沼田嘉穂先生なんて、何十年も前から、はっきり次のように言っています。
「やさしいことを難しく書くのは、なんでもありません。学者は往々にして、この方法を採って、自分の知識jの進達さを他人に誇示します。これは誰にもできることです。反対に、むずかしいことをやさしく、平易に書くことは、じつにむずかしく、それは学問の奥義をきわめた人が加えて絶大の努力を払ってよくなしうることでしょう。」『簿記入門』p4(沼田嘉穂、光文社)

つづく

士學舎 ―実学簿記学校―
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-20 モナーク川越602号
049-256-7610
sato@shigakusya.com

http://shigakusya.com/



テーマ : ☆経営のヒント☆    ジャンル : ビジネス


プロフィール

士學舎の学院長

Author:士學舎の学院長
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。