FC2ブログ

家政婦は見た!銀行員も見た!-中小企業の台所事情-

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「会計」の本について⑤

~友岡氏のコメント~
「沢山売れるということはもちろん、その本によって提供される情報に対するニーズが大きいということです。
簡単に言ってしまえば、その本に書いてあるということを知りたいと思っている人がたくさんいる、その本から得られる知識が役に立つ人がたくさんいる、ということです。」『なぜ「会計」本が売れているのか?―「会計」本の正しい読み方』p19(友岡賛、税務経理協会)

だから、学者の先生方が言われる、売れる本を書くと「あんな本を書いて」とか、「くだらない本を書いて」とかいうのははっきりいって、嫉妬や妬みの世界です。

僕が尊敬する沼田嘉穂先生なんて、何十年も前から、はっきり次のように言っています。
「やさしいことを難しく書くのは、なんでもありません。学者は往々にして、この方法を採って、自分の知識jの進達さを他人に誇示します。これは誰にもできることです。反対に、むずかしいことをやさしく、平易に書くことは、じつにむずかしく、それは学問の奥義をきわめた人が加えて絶大の努力を払ってよくなしうることでしょう。」『簿記入門』p4(沼田嘉穂、光文社)

つづく

士學舎 ―実学簿記学校―
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-20 モナーク川越602号
049-256-7610
sato@shigakusya.com

http://shigakusya.com/



スポンサーサイト

テーマ : ☆経営のヒント☆    ジャンル : ビジネス


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

士學舎の学院長

Author:士學舎の学院長
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。