家政婦は見た!銀行員も見た!-中小企業の台所事情-

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「会計」の本について④

また、望月氏は『数字がダメな人用 会計のトリセツ』(望月 実、日本実業出版社)で

「経営者・キャリアアップを狙っておりビジネスパーソン」
「経理担当者」
「就職活動でライバルに差をつけたい学生」
「簿記・会計を勉強している人」

これは、経営者をはじめとするビジネスパーソンということのようです。       
        

このように、会計の本は、幅広い層をターゲットにして発刊されています。

学者が書いた本は、数万冊売れれば、ヒットと言われた世界で、桁が一桁違う程売れるわけですから、
それだけ「会計」に対する本のニーズがあったということの証拠です。

もちろん、売れていないものにも良い本はたくさんありますが、売れている本はそれよりも、
良い点があるということですね。

読者はバカではありませんから、必ず良いトコがあるから買います。


つづく

士學舎 ―実学簿記学校―
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-20 モナーク川越602号
049-256-7610
sato@shigakusya.com

http://shigakusya.com/



スポンサーサイト

テーマ : ☆経営のヒント☆    ジャンル : ビジネス


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

士學舎の学院長

Author:士學舎の学院長
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。