家政婦は見た!銀行員も見た!-中小企業の台所事情-

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、会計の授業はツマラナイか?①

ドイツの文豪ゲーテは言いました。
複式簿記は「「簿記は人間の精神が生んだ最高の発明である。」であると。

そうです、近代会計制度の礎である複式簿記は、「最高の発明」なのです。
複式簿記がなければ、「会計」は成り立たず、株式会社・資本主義の発達はなかったといえるでしょう。

複式簿記
  ↓
会  計
  ↓
株式会社
  ↓
近代資本主義

木村剛『会計戦略の発想法』(日本実業出版社 2003年)

近代資本主義の発達においてこれだけ重要視されていた複式簿記がなぜこれまで軽視されるようになったのでしょうか。


士學舎 ―実学簿記学校―
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-20 モナーク川越602号
049-256-7610
sato@shigakusya.com

http://shigakusya.com/

スポンサーサイト

テーマ : ☆経営のヒント☆    ジャンル : ビジネス


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

士學舎の学院長

Author:士學舎の学院長
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。