家政婦は見た!銀行員も見た!-中小企業の台所事情-

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
14
15
18
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
01


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営と会計は違う⑨

もっといえば、利益とは財産の増減・変動を測るものなのです。ある企業が利益を出したといった場合、キャッシュが増えたのではなく、企業が持っている財産が増えたといっているのです。つまり。所有財産が増えた訳で、反対に損失を出した場合には、所有財産が減ったことを意味しています。

利益は収益から費用を差し引いた差額概念であると同時に、財産の増減・変化を測るものでもあります。
ある企業が利益を出したといった場合、キャッシュが増えたのではなく、企業が持っている財産が増えたといっているのです。

つまり、所有財産が増えたわけで、反対に損失を出した場合は所有財産が減ったことを意味しています。

利益は収益から費用を差し引いた差額概念であると同時に、財産の増減・変化を測るものであります。

「利益という言葉の考え方」
     ↓                   
利益が出たとは‘財産が増えたこと’
損失が出たとは‘財産が減ったこと’

利益が財産の変化を測るためのものであることを、ここでもう一度確認しておきましょう。
その前に、まず財産がどのように計算されるかを理解しておきましょう。

財産=資産-負債


士學舎 ―実学簿記学校―
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-20 モナーク川越602号
049-256-7610
sato@shigakusya.com
http://shigakusya.com/

スポンサーサイト


プロフィール

士學舎の学院長

Author:士學舎の学院長
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。