家政婦は見た!銀行員も見た!-中小企業の台所事情-

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
14
15
18
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
01


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営と会計は違う?⑫

5月の僕の財産は、月初の100万円から月末の150万円へと変化した訳です。

つまり、財産が100万円から150万円へと50万円増えたことになります。

この増えた50万円が利益ということになります。


4月初め → → → → 4月末
現金100万      商品(衣服)100万円

4月は財産の移動があったものの、増減の変化はありませんでした。
利益=0


5月初め → → → → 5月末
商品100万円     現金150万円

5月は財産の増減がありました。
利益=50万円

このように、利益は、実は財産の変化を測るものさしなのです。(この例題は、「財務マネジメントの基本と原則」
デイビッド メッキン著、國貞 克則翻訳、東洋経済新報社 、2008年、を参考に加筆・変更したものです。)





士學舎 ―実学簿記学校―
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-20 モナーク川越602号
049-256-7610
sato@shigakusya.com
http://shigakusya.com/

スポンサーサイト

経営と会計は違う?⑪

次に4月末の時点の財政状態を見ていきましょう。

4月末時点での財産状態

会社が所有しているもの 商品の衣服代 100万円
会社が借りいているもの 借入金なし    0円

4月時点での財産            100万円


4月末の時点では、現金はすべて、商品仕入れに代わってしまったため、現金は残っていませんが、
100万円の価値がある衣服を財産として、所有しています。衣服に対して100万円を出して、それを買った訳ですから、所有している衣服には100万円の価値があることはおわかりでしょう。ですから、4月度の僕の財産には、まったく変化はありません。売上がゼロで利益も損失もありません。

では、5月はどうでしょう。
4月末の財産が100万円ですから、当然ながら、5月初めの時点の財産も100万円です。
しかし、その後の数週間で状況は変化します。

5月末時点での財産状態

会社が所有しているもの    現金 150万円
会社が借りいているもの 借入金なし   0円

5月時点での財産            150万円


5月末の時点では。商品の衣服代はすべてなくなっています。
しかし、その代わりに、150万円の現金が残っています。


士學舎 ―実学簿記学校―
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-20 モナーク川越602号
049-256-7610
sato@shigakusya.com
http://shigakusya.com/

経営と会計は違う?⑩

財産=資産―負債

財産=(企業が所有している財貨及び再建の合計)-(企業が借りている金銭債務の合計)

この定義づけに基づいて、僕の商売に当てはめて、4月初めの時点の財産状態を計算してみると、

 財産目録

平成××年4月1日
現金  100万円
借入金   0円

→よって、4月初めの時点の財産状態は100万円ということになる。

4月の初めの時点の財産状態は100万円

ということになります。

4月初めには現金100万円があり、借入金はありません。
ですから、僕の全財産は4月の初めの時点では100万円です。

士學舎 ―実学簿記学校―
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-20 モナーク川越602号
049-256-7610
sato@shigakusya.com
http://shigakusya.com/

経営と会計は違う⑨

もっといえば、利益とは財産の増減・変動を測るものなのです。ある企業が利益を出したといった場合、キャッシュが増えたのではなく、企業が持っている財産が増えたといっているのです。つまり。所有財産が増えた訳で、反対に損失を出した場合には、所有財産が減ったことを意味しています。

利益は収益から費用を差し引いた差額概念であると同時に、財産の増減・変化を測るものでもあります。
ある企業が利益を出したといった場合、キャッシュが増えたのではなく、企業が持っている財産が増えたといっているのです。

つまり、所有財産が増えたわけで、反対に損失を出した場合は所有財産が減ったことを意味しています。

利益は収益から費用を差し引いた差額概念であると同時に、財産の増減・変化を測るものであります。

「利益という言葉の考え方」
     ↓                   
利益が出たとは‘財産が増えたこと’
損失が出たとは‘財産が減ったこと’

利益が財産の変化を測るためのものであることを、ここでもう一度確認しておきましょう。
その前に、まず財産がどのように計算されるかを理解しておきましょう。

財産=資産-負債


士學舎 ―実学簿記学校―
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-20 モナーク川越602号
049-256-7610
sato@shigakusya.com
http://shigakusya.com/

経営と会計は違う?⑧

キャッシュフローの計算とは、4月度は100万円の支出で、5月度は150万円の収入でした。

これで、利益とキャッシュフローとが同じものではないことが、はっきりと確認できましたね。

利益=キャッシュフローではないとすると、そもそも利益とは何を意味して、何を測定することなのでしょうか。

企業の目的はお金を増やすことだとすれば、開業当初や年度当初なりに、ある一定のお金を持って、事業をスタートし、年度末になってそのお金を数えてみると、年度当初よりお金が増えていたということになります。
ここで、この表現が何を意味するのか慎重に考えてみることにしましょう。

「誰々さんが、お金をたくさん持っている」というときは、その人が懐やそばにお金を巨額に抱えていることだけを指しているのではありません。

土地や豪邸、高級自動車に宝石といったものを全部含めてお金持ちという表現をします。
つまり、財産のハナシをしているのです。

利益とは、このような財産を図るものです。もっといえば、利益は、財産の増減を測るものなのです。


士學舎 ―実学簿記学校―
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-20 モナーク川越602号
049-256-7610
sato@shigakusya.com
http://shigakusya.com/


経営と会計は違う?⑦

この計算方法は、先ほどの僕が始めたアパレル関係の商売の数字を具体的に当てはめてみると、より一層理解が進むと思います

4月度は売上高がまったくなかったので、利益計算は売上高がない場合には、それに対応させる費用計上をすることはできません。したがって、次のようになります。

4月度の利益=(4月の売上高-4月の費用)
      =0円-0円
      =0円の損失

5月度は、4月度に仕入れた商品の在庫を販売して売上高150万円を獲得しました。
よって、利益計算では売上高の数字は150万円で、それにかかった費用(在庫から費用への変換)の数字は100万円です。


5月度の利益=(5月の売上高-5月の費用)
      =(150万円-100万円)
      =(50万円)

つまり、4月度の利益はゼロで、5月度の利益は50万円です。
この数字は先に計算したキャッシュフローとは異なる数字です。



士學舎 ―実学簿記学校―
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-20 モナーク川越602号
049-256-7610
sato@shigakusya.com
http://shigakusya.com/

経営と会計は違う?⑥

しかし、利益は現金の収支とは関係ありません。

これから説明する計算式は一見すると、とてもおかしな感じがしますが、でも、実際にはきわめて理論的に考えられたものです。

利益は、ある期間の売上高を計算し、そこからその売上高を生み出すためにかかった費用(専門的には価値犠牲になったといいます)を差し引いたものです。

この表現には。とても重要なキーワードが2つ隠されています。

① 利益計算は、ある期間の売上高を対象に計算するという考え方

② 売上高を獲得するためにかかった費用を実際の支払時期とは、一切関係なく、その売上高に対応させて差し引くという考え方(=費用・収益対応の原則)


これを計算式に当てはめてみると、

ある期間の利益=(ある期間の売上高-その売上高を獲得するためにかかった費用)

ということになります。


士學舎 ―実学簿記学校―
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-20 モナーク川越602号
049-256-7610
sato@shigakusya.com

http://shigakusya.com/


経営と会計は違う?⑤

答えは仕入れたからです。

それでは、5月に150万円の利益が出たのは何が良かったのでしょうか。これは商品を販売したからですね。
このことは、もし商売を成功させたいなら商品を仕入れるのを中止して、販売だけに意識を集中すればいいということを言っているように聞こえます。でも、そんなバカげたことにはなりませんね。


今まで、私たちが、確認したことは、キャッシュフローのことで、利益のことではありません。

4月に何も受け取らずに、100万円の現金を支払ったことは事実です。
また反対に、5月は何も支払わずに、150万円現金を受け取ったことも事実です。

実は、先ほど行った計算はキャッシュ・フローについてのものなのです。

ある期間の現金残=(その期間に受取った現金-その期間に支払った現金)
ということになります。

士學舎 ―実学簿記学校―
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町15-20 モナーク川越602号
049-256-7610
sato@shigakusya.com

http://shigakusya.com/


プロフィール

士學舎の学院長

Author:士學舎の学院長
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。